台北市内を1日で満喫するモデルコース【10箇所以上の観光地・お店を回る!】

旅行・SFC修行

台湾へは5回目の旅行です。

2泊3日でも3泊4日でも間の1日を使って台北市内10箇所の観光地・お店を満喫できるモデルコースをレポートします。

かなり詰め込んだスケジュールなので実際に回った身としてはヘトヘトでしたが、台北を十分満喫できて大満足の旅行となりました。

歩き回った最後は最高のマッサージで締めるコースとなっています。

交通機関はタクシーを朝一で2回使用しておりますが、それ以外は地下鉄やバスを使用しています。台湾ではgoogle mapで経路を検索すると、バスの番号や経路、運賃が出てくるので非常に便利です。

スポンサーリンク

国立故宮博物館(9:30〜)

宿泊したホテル(グランドニッコー・台北)から国立故宮博物館へタクシーで向かいました。ゴールデンウィークということもあり、すごい人でした。

恐らく中国本土からだと思いますが、ツアー客がたくさん。

有名な肉形石(角煮)は、オーストラリアに貸し出しされていて見ることが出来ませんでしたが、翠玉白菜を見ることが出来ました。

思ったより小さかったですね笑。

国民革命忠烈祠(11:30〜)

国立革命忠烈祠へタクシーで向かいました。戦没した英霊を祀る祠で、衛兵交代のセレモニーが有名です。

選抜された兵士が1時間毎に統率された行進・儀式を見せてくれます。

行進の近くをついて歩くことが出来ますので、間近で迫力のある行進を見ることができます。兵士は175 cm以上の身長が必要なようで、全員背が高くてかっこよかったですね。

中正紀念堂(12:45〜)

中正紀念堂へはバスで行きました。蒋介石の銅像がある顕彰施設です。

台湾はgoogle mapを使うとストレスなく旅行できます。スマホがあればバスを調べるのもすぐ出来ます。

20分おきで少し時間はかかりますが、208のバスに乗れば忠烈祠から中正紀念堂まで一本でいけます。

バスはプリペイドだけでなく現金で乗ることが出来ますし、google mapの検索であれば金額も出てきます。

ちなみに12分間隔でくる247のバスに乗れば台北駅に行くことが出来ますよ。

 

金峰魯肉飯 (13:30〜)

中正紀念堂から徒歩で10分程度のところにある金峰魯肉飯でランチを食べました。

詳細は以下にまとめていますので御覧ください。

【混雑も高回転】台北の人気店・金峰魯肉飯(ジンフォン ・ルーローファン)は台湾ベストフード!
台湾の魯肉飯(ルーローファン)をご存知でしょうか? 台湾の代表的な混かけご飯で、Wikipedia には以下のように紹介されています。 本来バラ肉など脂身を多く含んだ豚肉を台湾醤油、米酒 (米で作られた酒)、砂糖、油葱酥 (揚げ...

西門紅楼 (14:30〜)

MRTで西門駅似向かい、台北の原宿と呼ばれる西門周辺を散策しました。

西門紅楼赤はレンガ造の建築物で日本統治時代の日本人の設計で建設されたようです。中はちょっとしたお土産屋になっています。

龍山寺 (15:30〜)

西門から龍山寺へは歩いて向かいました。歩くと20分くらいかかりますね。創建されたのは1738年ということで江戸時代頃の建造物ですね。香木や線香の良い香りがします。

西安から歩いて向かう途中で、お茶のお土産店によりました。日本語で丁寧に説明してくれるのでお時間に余裕があったら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

象山 (16:30〜)

MRTで龍山寺から象山駅へ向かい、台北101がよく見える象山に登りました。

象山駅から登山道までは南側の公園を通って10分程度。登山は20分程度です。往復1時間30分程度見ておくと良いと思います。

スニーカーで登れるのですが、ゴールデンウィークは既に暑いのでかなり汗を書きました。かなり混雑していますが、日本人は殆どいませんでした。

そびえ立つ台北101を眺めることができる素晴らしい景色です。

この象山は一番ハードな行程なので、時間のバッファーとして直接龍山時から台北101に向かっても良いかもしれません。

台北101 (18:30〜)

MRTで象山駅から台北101駅へ向かいました。台北101は展望台が有名ですが、今回は展望台まで行きませんでした。代わりに1階にある鼎泰豊(ディンタイフォン)に行きました。鼎泰豊は日本にも進出している小籠包の名店です。

ビールと一緒に頂く小籠包は最高ですね。

饒河街観光夜市(20:00〜)

松山駅近くにある饒河街観光夜市は士林夜市と並ぶ台湾2大ナイトマーケットと呼ばれています。台北101からはこちらもバスを利用しました。

台北101から直線距離は非常に近いのに地下鉄だとかなり遠回りです。

ぜひバスを使ってみてください。

 

もちろん台北最大の士林夜市に行くのもありです。

中山駅周辺 (22:00〜)

最後にホテルに近い中山駅周辺で一杯。訪れたお店は61Beerという以下のお店です。

おしゃれなお店で、美味しく台湾のクラフトビールを頂きました。

詳細はこちらのHPで丁寧に紹介されています。

61 BEER ( 61 NOTE shop in shop)
2017年5月にオープンした MRT中山駅近くの台湾産クラフトビールの専門店「61 BEER」の紹介です。61BEERは、台湾産のクラフトビール専門店で、特に独自のタップルームを持たない中~小規模なブルワリーのビールを揃えているのが特徴です。

夏威夷養生行館  (23:00〜)

最後はやっぱりマッサージですね。

(営業終了)夏威夷養生行館【本館(1号店)】
(営業終了)夏威夷養生行館【本館(1号店)】 アットホームで気軽に入れる店。台湾気分を存分味わえる、王道の足ツボへ行こう。

中山駅から徒歩5分と近いですし、日本人も多く訪れるところですから安心して入ることが出来ました。

深夜までやっていますし、強さもしっかり調整してくれて最高でした。

1日の締めのマッサージは本当に一日の疲れを吹き飛ばしてくれます。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

詰め込みスケジュールですが、せっかくの旅行なので張り切って回りました。

台湾は治安もよくご飯も美味しくて、異国文化を味わうには最高の場所ではないでしょうか。行きたい場所、そうでない場所があると思いますが、観光時間含めてご参考になれば幸いです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました